風父(ふうとっと)ライフ  生活雑記録

毎日 晴れなら いいのにな。

超簡単 UEFI環境でUbuntuをUSBブートできるUSBメモリーを作る方法

【スポンサーリンク】
 
ドラレコが安い!スマホの充電ホルダーが安い!
 

PC>Ubuntu>USBブート

今回はLinuxネタです。

長年愛用してきたUbuntuのLiveCDですがWindows8以降のUEFI環境では使えません。

そこでUEFI環境でUSBブート出来るUSBメモリーを作ってみました。

 

logo


 

【スポンサーリンク】
   

ネットで作成方法を探すと色々出てきますが素人でもできる(出来た)簡単な方法を紹介します。

 

<準備するもの>

・USBメモリー 4GB以上がいいかな。

・Ubuntuのisoファイル

 ダウンロードはこちらから。

 ⇒buntu-ja-18.04-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)

これだけです。

 

<手順>

・USBメモリーをFAT32でフォーマットする。

・ダウンロードしたisoファイルをマウントして開く。

・開いた中身を全部USBメモリーにコピーする。

pict1

・コマンド(管理者)から以下を実行する。

 (例:USBメモリーが「L」ドライブの場合)

 bootsect /nt60 L: と入力して実行すると下のようになります。

 

pict4

 

・PCの「管理>ディスクの管理」からUSBメモリーを「アクティブ」にする。

pict6



 

pict7


 

これでブート用USBメモリーの完成です。

これらの操作は全部コマンド操作でも可能ですが、今回はGUI(?)操作主体で作ってみました。

 

あとは対象のPCにUSBメモリーを挿して、ブートドライブ選択でUSBメモリーを指定すればUbuntuが自動で起動してきます。

 

【スポンサーリンク】
   

SEAGATE 3.5インチ内蔵HDD ST2000DM005 (2TB SAT...
価格:6170円(税込、送料別) (2019/4/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
楽天で購入

 

当方手持ちのPC2台でテストしましたが問題なく起動できました。

・富士通 FMVA45MBP2(Windows8.1 64bit)

・東芝 PT65PRS-BHA3(Windows8.1 64bit)

  ※BIOS環境のPCでは使えません。

  ※32bit環境のPCでは使えません。

 

このメモリーがあれば起動しなくなったWindows8・10PC から個人データ(ピクチャやドキュメントファイル)を簡単にバックアップできます。(HDDが壊れてたらヤバイですけど・・)

便利なツールですからぜひ1本作っておくといいですね。

 

Amazonで「USBメモリー」を検索 

 

thanks

【スポンサーリンク】
   

【光回線を見直すなら今の時期がベスト!】

WEB申込が断然お得。申込は簡単、WEBの申し込みボタンをクリック!

★ 新規も乗り換えも両方OK! ★