風父(ふうとっと)ライフ  生活雑記録

毎日 晴れなら いいのにな。

Amazon Echoが届いた・・(2)「Alexa 君は何者?」実際の会話はどんな感じ?

【スポンサーリンク】
 

すっきり野菜の青汁酵素 f:id:fuutotto:20171214190252j:plain
 

 家電>AIスピーカー>Amazon Echoとは

 

前回に続いて「amazon Echo」の紹介です。

 

まだ詳しい正体が分からないままで使っているEchoです。

 

f:id:fuutotto:20171201154338j:plain

「Amazon Echo」の記事が突出してアクセス数が多いところをみると、興味のある人が多いのだと思います。(今が旬の商品ですよね。)

 

みなさんご存知の通り「Amazon Echo」には3種類の製品が存在します。

f:id:fuutotto:20171205131122p:plain

左から

① Amazon Echo Dot

② Amazon Echo

③ Amazon Echo Plus

となります。

 

何がどう違うかは、詳しく説明されているサイトがWEB上にはたくさんありますのでそちらをご覧くださいませ。(私にはとても詳細を正確に説明できません。)

 

●Amazonサイトの比較表

f:id:fuutotto:20171205132420p:plain

 

超簡単な比較説明

●値段は①<②<③と高くなる。5980円<11980円<17980円

●スピーカー性能が値段が高いほど良い。(音がよくなる)

●Bluthoothと3.5mmミニジャックは全部付いてる。

 ヘッドフォンや外部スピーカーが接続できる。

●③のPlusだけにスマートハブなる機能が内蔵されている。

 Wifi等で接続されたスマート家電の制御が可能って事です。

 

つまり、家電制御したければ③のEcho Plusを買って下さい。

AIと会話だけなら①のEcho Dotで十分ですよ。って事ですね。

 

私が購入したのは②のEchoです。

 

今回は、Echoに手あたり次第に問いかけをしてみた結果を紹介します。

(というか基本スピーカーなので、それしかないのかも・・)

f:id:fuutotto:20171205151044p:plain

Amazon Echo=Alexa(アレクサ)と呼びます。

アレクサは問いかけ(指示)の言葉が少々ラフでも返事してくれます。

例えば「音楽かけて下さい」って言わず「音楽!」ってだけでも再生してくれます。

 

以下試した結果です。

エンターテイメント系

Q.「アレクサ!音楽。」

A.「Amazonミュージックよりお勧めのプレイリストOOを再生します。」

 

Q.「アレクサ!音楽変更。」

A. 無言でジャンルを変更してくれます。

 

Q.「OOをかけて。」←(超マイナーなアーティスト名)

A.「OOの楽曲は見つけられませんでした。」

 

音楽はAmazonミュージックアンリミテッドに契約すると曲数が増えます。

Amazonプライムミュージックへ

Amazonミュージックアンリミテッドへ(30日無料体験がスゴイ!)

  f:id:fuutotto:20171208095111j:plain

 

Q.「アレクサ!Youtube。」

A.「2005年2月14日です。」

?? これはyoutubeが創設(ドメイン取得)された日のようです。

 

Q.「アレクサ!Youtube再生」

A.「すみません。なんだかうまくいかないみたいです。」

残念ながらyoutubeの音楽は再生してくれません。

【スポンサーリンク】
   

社会科系

Q.「アレクサ!富士山の高さは?」

A.「富士山の標高は3776mです。」

音楽再生中に質問すると返答の時だけ音楽が小さくなり返答が終わると自然に音楽が元に戻ります。

 

Q.「アレクサ!聖徳太子って?」

A.「こんな説明が見つかりました。聖徳太子、厩戸皇子は飛鳥時代の皇族------です。」

詳しく簡潔に説明してくれます。

 

Q.「アレクサ!今の総理大臣は誰?」

A.「日本国の首相は安倍晋三です。」

  

Q.「アレクサ!肉じゃがのレシピ教えて」

何回聞いても無視されました。

 

Q「アレクサ!肉じゃがの作り方教えて」

A.「すみません、私にはわかりません。」

料理の名前を替えて聞いても「今はわかりません。」と帰ってきます。

クックパッドの代わりにはならないみたいですね。

 

Q.「アレクサ!OO銀行の普通預金の利息は?」

A.「すみません、わかりません。今調べる事ができるのは電話番号、営業時間、住所です。」

・・・仕方ないですね。じゅうぶんです。

 

【スポンサーリンク】
   

語学系

Q.「アレクサ!英語はしゃべれるの?」

A.「Have a nice day!」

音楽再生が止まりました。

 

Q.「アレクサ!中国語はしゃべれるの?」

A.「すみません。よくわかりません。」

Q.「アレクサ!フランス語はしゃべれるの?」

A.「すみません。よくわかりません。」

 

Q.「アレクサ!ハロー」

A.「こんにちは!!」

 おい!日本語で返事かい・・。

 

Q.「アレクサ!how are you?」

A.「こんにちわ!午後OO時OO分です。」といった後に今日のトピック(ニュース)をしゃべりだしました。

 

問いかけの発音が悪いと無視されたりシステムオフになったりします。

 語学系は専用アプリと連携させる事ができるらしいので、良く調べてからチャレンジしてみます。

理数系

Q.「アレクサ!円周率は?」

A.「円周率の近似値は3. 1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 582097494です。ふーっ疲れました。」

最後のフレーズは都度かわります。「私はこういう大きい数字は苦手です。」とか「OKうまく言えました。後の数字はおまかせします。」とかです。

 

Q.「アレクサ!3x6は?」

A.「3x6の値は18です。」

 

Q.「アレクサ!10÷4は?」

A.「10を4で割った値は2.5です。」

 

Q.「アレクサ!3の2乗は?」

A.「答えは9です。」

 

Q.「アレクサ!ルート2は?」

A.「答えは1.414214です。」

 

Q.「アレクサ!5分の3の値は?」

A.「答えは0.6です。」

 

Q「アレクサ!3分の1の値は?」

A.「答えは0.3333333です。」

 

Q.「アレクサ!3分の1足す3分の2は?」

A.「0.33と0.67の合計は1です。」

・・・簡単な計算はOKみたいですね。

 

Q.「アレクサ!OOの元素記号は?」

A.「すみません。わかりません。」

 

Q.「アレクサ!1ニュートンは何キログラム?」

A.「それもよくわかりません。」

 

Q.「アレクサ!面積の単位は?」

A.「すみません。わかりません。」

・・・こういう問いはダメ見たいですね。

ニュートンや面積の意味は詳しくしゃべりますけどね・・・

【スポンサーリンク】
   

雑談系

Q.「アレクサ!おはよう」

A.「おはようございます。(最近の時事ネタみたいなのを説明してくれます。)」

 

Q.「アレクサ!逆立ちして。」

A.「すみません。なんだかうまくいかないみたいです。」

 

Q.「アレクサ!お腹が空いた。」

A.「私には、お腹が空いたという気持ちがわからないので空腹感を感じる貴方がうらやましいです。」

・・・意味は通じてる。

 

Q.「アレクサ!疲れた。」

A.「私には疲れたという感覚はないのですが、いろいろ頑張ったのでしょうね。お疲れ様でした。」

・・・どういたしまして。

 

Q.「アレクサ!眠い。」

A.「忙しくて寝にいってないのですか?もしそうなら30分でも横になったらどうですか?短い仮眠は効率を上げる可能性がありますよ。もちろん眠れるのならグッスリおやすみなさい。」

・・・親切ですね。

 

Q.「アレクサ!バカ。」

A。「こんな説明が見つかりました。バはハに濁点を付けた文字、カは仮名のひとつである。」

バカの話は聞いてくれないみたいで、サラッと流されました。

 

 Q.「アレクサ!歌って。」

A.「ウフフ、歌いますね。」といって何か聞いた事のない歌を歌いだしました。

この歌なんだろう?オリジナル曲かな?

 

Q.「アレクサ!行ってきます。」

A.「いってらっしゃい。」

 

Q.「アレクサ!ただいま」

A.「おかえりなさい。帰ってきてくれてうれしいです。」

 

Q.「アレスサ!おやすみ。」

A.「おやすみなさい。お疲れさまでした。」

昨日と返事がちがいます。何パターンかあるみたいですね。

 

今回はここまでです。

 

過度の期待は禁物ですが、なんだか飽きませんね、コレ。

まだまだ可能性のあるEcho(Alexa)と思われます。

新たな発見はブログ記事にアップしていきたいですね。

f:id:fuutotto:20170925114742p:plain

 

 

        ■■■ 管理人が選んだのは「auひかり」です。 ■■■