風父(ふうとっと)ライフ  生活雑記録

毎日 晴れなら いいのにな。

f:id:fuutotto:20170930181423j:plain

DIY SPF材とディアウォールの代用品

【スポンサーリンク】

f:id:fuutotto:20171010173858p:plain

f:id:fuutotto:20171008114234j:plain

 

  DIY>SPF>ディアウォール>代用品

今回のお話は、DIY材料のお話です。

DIYでリノベーション・・言い方が今風でちょっと・・・ですが。

 

お部屋の、プチリフォームや小物の制作に定番で使われるのがSPF材。

SPF材って、とっても便利ですよね。

手頃な金額でホームセンターで買えるから、ついつい妄想した作品の為に買ってしまいます。

 

f:id:fuutotto:20170724115417p:plain

 

 

SPF材といえば、一緒に使うのが「ディアウォール」

 SPFの2x4材を柱としてお部屋に簡単に追加出来る非常に便利なアイテムです。

 

ただちょっと値段が高いので購入するのためらいますよね。

 【ディアウォール】


 

 上下1セットで販売されてます。

「ディアウォール」は定番中の定番商品ですね。

唯一の欠点は立てる時、少し斜めにした状態から上部のスプリングを縮める感じで天井に押し当てながら立てる作業になります。

この時の起こす方向も1方向に限定されます。

これが結構、力が必要なのと1本づつじゃないと不可能です。

パッケージ写真の様なハシゴ状の物は完成品では立てられません。

(写真の棚の場合、柱を1本づつ左右方向から起こして立てたあと2本の間隔を調整して次に各棚財を取り付ける事になります。)

ですので4本脚の棚とかを制作する場合、結構大変です。

 

次に「ディアウォール」のライバルとして登場した「ラブリコ」。

やっぱり価格は「ディアウォール」と似たような値段です。

 【ラブリコ】


 

 

これも上下1セットでの販売ですね。

「ラブリコ」は「ディアウォール」の欠点を無くした商品です。

上部のブラケットをネジで突き上げる仕組みです。ですので、柱を斜めにする必要がありません。

所定の位置に立てて、上部のネジを回して天井に押し当てて固定します。

ネジ部にはスプリングが組み込まれていますので、常に天井に押し当てるテンションが発生します。(ディアウォールのスプリングよりは弱いです)

ハシゴ状の棚を作った場合でも、完成品を壁際に持って行ってネジを回せば固定できます。

 

棚などの場合、設置したあとに「あと数センチ横にズラしたかったな」って場合。

「ディアウォール」の場合、移動が困難です。思いっきり蹴ればズレますが、天井クロスにキズが付いたりします。結局もう1回分解しないと移動出来なかったりします。

 

「ラブリコ」の場合は、上部のネジを緩めれば移動は簡単に可能です。

実際に制作設置作業を行った事のある方には、これがイイと感じられている方、多いと思います。

 

しかし両商品・・・価格がちょっと微妙・・・ですよね。

 

柱状の物を制作する場合は、だいたいの場合、2本か4本になります。

おのずと、「ディアウォール」や「ラブリコ」はその数だけ必要になります。

SPF2x4材が1800mmで1本、200円~300円に対し非常に割高な材料になってしまいます。

用途も2x4端部での使用限定なのも、ちょっと不満ですね。

(1x4や他のサイズの角材には使えませんね。)

 

ディアウォールのおすすめ代用品はコレ

そこで、ディアウォールの格安代用品の紹介です。

私が最もよく利用するのが「フロアプロテクトアジャスター」です。

 「フロアプロテクト:HFA50」は4個入りでも360円程度!

 

元々はメタルラックの脚部を安定させるオプション品です。

 

黒い部分は硬質樹脂で柔らかいゴムではありません。

直径50mmなので安定して支える事ができます。


 

 

これを、SPF材の端部に取り付けて高さを調整します。

 

この、アジャスターですがネジサイズが何処にも明記されてません。

(HP、現物にも記載ありません。)

なので、相対するナットを購入するには注意が必要です。

 

現物をチェックした結果、HFA50のネジサイズは「M10」並目ネジ(普通のM10って事)でした。

 

木材側に取り付ける金具ですが下記のような物がベストです。

 

「アジャストベース」とか「ナット付角座金」とか名称は様々ですが、角座金の中央にナットが溶接されています。木ねじ用の取り付け穴が4か所空いてます。

 

 

 


 

ホームセンターでも売ってますが置いてない所もしばしばあります。

あっても、数量が少なかったり(3個だけとか・・・)

 

私は、ネットでアジャスターと角座(アジャストベース)をまとめ買いしてます。(16個とか・・)

 

屋外で使ったり、もっと調整代が必要な場合はステンレス製の物や長尺の「アジャストボルト」を使ってもいいかも。それでもディアウォールよりかなり安く購入できますね。 


 

 

この組み合わせなら、お安くSPF材を天井にピッタリ密着させて立てられます。

また、材料の途中に取り付けも可能なので平面テーブルや机の脚にも利用できます。

2x4材以外にも使えるので便利ですよ。

 

【2x4に取付けたイメージ図】

f:id:fuutotto:20170911112348p:plain

ゆるみ止めにM10ナットを追加しておくと安心です。

 

調整代を大きく取りたい場合は、木材の中央にΦ12mmの穴を開けておくとボルトを深くまでねじ込めます。

 

一か所あたりのコストが約250円~300円くらいですので、ディアウォールより格安DIYが楽しめますね。

 

私の場合は、DIYで4本脚の棚とか机を作る場合は、ほぼこの方法で作ってます。

作品が少々歪んでいてもアジャスターで調整すればガタ無く設置できて安定しますよ。

 

天井に突っ張らせる時は、SPF材の上面にはフェルトシート(100均に売ってます)を貼って、天井クロスに傷が付かないようにしておくといいですよ。

 

※ディアウォールやラブリコと違って、スプリングによる張力が無いので天井が持ち上がって緩みが生じた時の転倒防止は考慮しておいた方がいいですね。

  

実際の作品はまたの機会にアップしたいですね。

 

今回は「ディアウォール」「ラブリコ」の格安代用品「フロアプロテクトアジャスター」の紹介記事でした。

 

【即日出荷可能!!】【あす楽対応_関東】ホームエレクター Home erecta フロアプロテクトアジャスター(4個入) HFA50 10,000円以上お買い上げで送料無料エレクター【RCP】

 

f:id:fuutotto:20170925114742p:plain



 

【スポンサーリンク】
   
        ■■■ 私の推奨は「auひかり」だけです。 ■■■