風父(ふうとっと)ライフ  生活雑記録

毎日 晴れなら いいのにな。

壊れ癖のあるパネルヒーターの修理 ついでにプチ改良?

【スポンサーリンク】

f:id:fuutotto:20171008114234j:plain

 

 家電>修理>パネルヒーター>トヨトミ

今回のお話はパネルヒーターの修理です。

 

トヨトミ製:EPH-121 2008年製

 

f:id:fuutotto:20171018195640p:plain

このパネルヒーター、左側のパネルが通電しなくなる持病があるようです。

ネットで見ても同じ症状の書き込みが多くありました。

 

手元の商品も同じく「左側パネル」だけ通電しません。

f:id:fuutotto:20171018200724p:plain

 

分解してみる

まずは分解して故障個所を探してみます。

隠しねじが5カ所ありますが簡単に分解できます。

f:id:fuutotto:20171018201748p:plain

脚も外す必要がありました。

正面のパネル枠を外すと保護ネットが見えてくるので、それも外すとヒーターパネルに到達します。パネルを固定しているビスを外すとパネルの裏が見えます。

f:id:fuutotto:20171018203316p:plain

ヒーター商品には温度ヒューズが付いている

電器暖房器具には異常加熱による事故を防ぐ為に「温度ヒューズ」というものが必ず付いています。

このヒーターパネルにも裏側に温度ヒューズが付いていました。

 

導通チェックをしてみると、やはり切れていました。

f:id:fuutotto:20171018204017p:plain

 試しに直結してみると、正常に発熱が始まりました。

 

故障の原因は、温度ヒューズ切れでした。

温度ヒューズを交換する。

純正の温度ヒューズの設定温度は144°Cです。

近所のホームセンターで代用品を探しましたが、154°Cしか在りませんでした。

まあ、10℃の差ならOKでしょう。(自分で使う品だからですけどね)

f:id:fuutotto:20171018220640j:plain

切れたヒューズを切って新しい物に交換します。

f:id:fuutotto:20171018220748j:plain

f:id:fuutotto:20171018220944j:plain

これで、とりあえずの修理は完了です。

 

【Amazonで温度ヒューズを探す】

【楽天で温度ヒューズを探す】

 

f:id:fuutotto:20171019061932j:plain

 

しかし、再発の可能性が気になります。

なぜ左側のパネルだけ温度ヒューズが切れるのか?

 外したヒーターパネルを見てみます。

裏側には温度ヒューズとサーモスタットが付いています。

このサーモスタットで通電のON/OFFを制御しているのでしょうか・・。

 

144°Cの温度ヒューズが切れたという事は、温度ヒューズ周辺はかなりの高温になるって事ですね。

パネル裏側全体を見るとコーナー部にかけて茶色く変色しています。

f:id:fuutotto:20171018215742p:plain

 

これは、コーナ部に高温の熱が溜まっているという事かな?

ボディーには空気の出入りの為の通気口が上下に空いてます。

f:id:fuutotto:20171019054040p:plain

左右のパネルの開口部は同じ大きさです。

なぜ左側だけ温度が高くなるのかは解りませんね・・。

ファンは付いてません、排熱は自然対流ですから上角に熱だまりが出来ちゃうのかもしれませんね。

 

プチ改造 穴を増やしてしまえ!

難しい事は考えずに ボディーに穴を開けます。

温度ヒューズの付いてる位置の下部に吸気穴追加です。

f:id:fuutotto:20171019055531p:plain

気休めかもしれませんが、まあ使ってみて様子を見ましょう。

 

まとめ

結局、故障の箇所は分かりましたが、原因はよく解りませんでした。

1回温度ヒューズを交換すると数年は使えるみたいです。

温度ヒューズの経年劣化って聞いたことありませんが、不思議です。

 

温度ヒューズなら交換も簡単ですから、今回は良しとしましょう。

f:id:fuutotto:20170925114742p:plain

 

        ■■■ 管理人が選んだのは「auひかり」です。 ■■■