風父(ふうとっと)ライフ  生活雑記録

毎日 晴れなら いいのにな。

エコタンク搭載 エプソン EW-M770Tを買ってみた。評価は微妙・・・?

【スポンサーリンク】
 

すっきり野菜の青汁酵素 f:id:fuutotto:20171214190252j:plain
 

 PC>プリンター>エコタンク>EW-M770T

 

新品プリンターを購入しました。

機種はエプソン EW-M770T!

最近話題のエコタンク搭載機種です。

買替えじゃなくて買い足しです。

 

f:id:fuutotto:20171115154939p:plain

 

 

<エコタンク>って?

エプソンの説明を引用しますと⇒「エコタンク方式」とは、インクジェットプリンターに、大容量のインクタンク(エコタンク)を搭載し、インクを注入することができる機能を有した方式をいいます。

つまり、インクがガバッと入ってチマチマ交換しなくていい機能って事です。

【スポンサーリンク】
   

なぜ、エコタンク搭載機種を買い足したか?

我が家には稼働中のプリンターが3台あります。

 

1.CANON MP600 こいつは神機です。(10年前の機種ですけど。)

我が家のメインプリンターでポンコツPCをプリントサーバー代わりにして常時複数PCより印刷出来るようにしてます。普段のコピー機代わりにも使ってます。

 f:id:fuutotto:20171116165052j:plain

 

2.RICHO SP-C250L A4・カラーレーザーです。

大量印刷用に2年くらい前に購入。新品で送料込みで13000円位だったので衝動買いしました。ネットワーク対応ですのでこれも複数PCから印刷してます。

 f:id:fuutotto:20171116165210j:plain

今も安く買えますよ。⇒【RICHO SP-C250L】

 

3.CANON MG2130 安いけど優秀なプリンターです。

親父に買ってやったらPCを使いこなせないのでMyPC横のチョイ出しプリンターとして使用。

 f:id:fuutotto:20171116165850j:plain

インクタンクがプリントヘッドと同じなのが素晴らしい。

これも現在購入可能。⇒【Canon MG2130】

 

どうしてプリンター3台もあって買い足したのか・・・

 

それは10年間酷使したMP600が瀕死の状態でヤバイので後継として先買いしちゃいました。ボチボチ年賀状の時期だし・・

【スポンサーリンク】
   

エコタンク搭載機種を選んだワケ?

我が家は奥様がMP600を愛用してまして、仕事の書類だとかCDレーベルだとかを大量に印刷します。書類はレーザー使え!と言ってもインクジェットの発色の良さがいいみたいで、MP600を酷使します。

インクは当然詰め替えインクを使ってますが、詰め替え作業は私の仕事・・・。

たまにならいいけど、結構頻繁にインクが無くなります。非常に面倒な作業です。詰め替えインクはタダ同然で大量入手した詰め替えボトルタイプを使用してます。(だからこの5年くらいインク買った事がないです。)しかしそれも枯渇してきてお金を出してインクを買わなければならなくなってきました。(当たり前ですけどね。)加えてMP600の印字状態が悪くなってきて写真なんか明らかにおかしい色合いになってきました。

ヘッド交換?当然やってます。予備機でもう一台MP600があって部品移植して現在まで使ってきました。もう限界っぽいです。

 

てな理由で、インクコストの安い、インク交換サイクルの長いプリンターが早急に欲しい。という事でエコタンク搭載機種の購入に至りました。(欲しいのは奥様だけなんですけどね。)

f:id:fuutotto:20171115150639p:plain

個人的にはCANON派なんですが、今のところエコタンクはEPSONしか選択肢がありませんでした・・・。

EW-M770Tは本体価格が高い。

エプソンのA4サイズのカラーでエコタンク搭載機種は5機種あります。

中でも、EW-M770Tは最上級機種で実勢販売価格が7万円前後します。

A4インクジェットプリンターで7万円・・・マジかって価格ですよね。

私の場合は、M770Tしか選択肢がありませんでした。

 

必須条件は

1.エコタンク搭載

2.コピー機能

3.ネットワーク接続

4.CDレーベル印刷機能

 

CDレーベル印刷機能はM770Tだけしか搭載してません。だからEW-M770T一択です。

インク代でいずれ元が採れるとはいえ、値段がやはり高い・・。

 

EPSONの説明 ↓ ↓ ↓

f:id:fuutotto:20171115153619p:plain

だそうです。

高いけれど購入に踏み切った訳

●先にも書きましたが年賀状の時期が近い。MP600がヤバイ。

キャッシュバックキャンペーンで15000円の対象機種である。

 キャンペーン期間が11/1~1/9まで。

●安い店舗の在庫切れがチラホラ・・急がないと。

 

価格.comで最安店から購入しようと思いましたが在庫が怪しい模様。徐々に品薄になっていってるみたいなので、早めに勝負と思い価格は5番手だけど在庫ありの店舗から購入しました。

代引きにしたら購入後2日(今日)で届きました。(速攻で在庫無くなったみたいで価格.comの店舗リストから消えていました。)

 

⇒【AmazonでEW-M770Tを探す。】

⇒【楽天でEW−M770T を買う。】

 

前置きが長くなりましたが、ここからが実機チェックです。

【スポンサーリンク】
   

開封の儀

 普通のプリンターと大きさは変わりません。

f:id:fuutotto:20171115163119j:plain

MP600(右)と並べてみました。少し小さいくらいですね。

f:id:fuutotto:20171115163423j:plain

話題のインクボトル(でかいです。)

f:id:fuutotto:20171115163640j:plain

メンテナンスボックス(廃インクタンク)予備1個付属。

これはありがたいですよね。

f:id:fuutotto:20171115164212j:plain

交換方法はコレ ↓

f:id:fuutotto:20171115164326p:plain

 

保護フィルムやテープをはがします。

ここで注意!ヘッドに接続されているケーブルの保護カバーは間違って外しちゃダメです。透明なシートなので間違いやすいですね。

f:id:fuutotto:20171115165115p:plain

 

いよいよインクの装填(注入)です。

マニュアルによると、まだ電源は入れません。

先にインクの注入です。ドキドキです。

インクタンクは固定なので上部のフタを開けます。

 

f:id:fuutotto:20171115165617j:plain

f:id:fuutotto:20171115165642j:plain

インクボトルを準備します。

インクボトルのキャップをひねって開けます。

とても軽く、簡単に開きます。

f:id:fuutotto:20171115170025j:plain

f:id:fuutotto:20171115170051j:plain

いざ本体に注入ですが、日ごろの詰め替えボトルのクセで、インクがこぼれないかドキドキしますが、このボトルは逆さまにしてもインクは出てきません。弁が内蔵されていて1滴もたれません。

本体に挿す時も「挿仕込む」じゃなく「置く」感覚でコトンと乗せるだけです。

するとインクが「トクトクトク」っと勝手に落ちていきます。結構時間がかかりますが、正面の窓にインクが溜まっていく状態が透けて見えるので面白いです。

f:id:fuutotto:20171115170846j:plain

f:id:fuutotto:20171115171034j:plain

満タンになると「トクトク音」が止まって溢れる事はありません。

f:id:fuutotto:20171115171102j:plain

ボトルを持ち上げてもインクは垂れません。スバラシイ。

f:id:fuutotto:20171115171244j:plain

順番に他の色も注入していきます。

ボトルが太いので全部並べては注入出来ません。

f:id:fuutotto:20171115171522j:plain

間違って他の色の穴に挿せない様に、ボトル先端の突起形状が各色違います。

f:id:fuutotto:20171115172326p:plain

満タンに注入しても、結構ボトルにインクは残ります。15%~20%位かな?

f:id:fuutotto:20171115172604j:plain

 

全部のボトルの注入が終わったら、電源を入れて初期充填作業です。

初期充填から使えるまでが長い。

 マニュアルに従い、初期充填から印字調整まで進めます。

ここで注意!

しっかりとマニュアルに沿って作業を進めて下さい。

従来のプリンターと微妙に手順が違います。

私は仕事柄、各社新品プリンターをお客様宅でセットアップしているので、いつもの感覚で進めようとしましたが、最初の段階でアレ?充填スタートしないぞ・・となりました。・・・「OK」ボタンを3秒長押しでした。

f:id:fuutotto:20171116095142j:plain

インクの重点が終わると次は印字調整です。

これがまた時間がかかります。

f:id:fuutotto:20171116095517j:plain

 画面の案内に従い、調整を終えるとやっと使える状態になりました。

インクの充填から印字調整終了までで30分以上かかったと思います。

 

残るは、ネットワーク設定と各PCにドライバーインストールです。

これらは普通のプリンターと同じ手順ですので問題なしです。

 

と、ここでもうひと手間発生!

ネットワーク設定が終わると、「ファームエア更新」の案内が出ます。

f:id:fuutotto:20171116100858j:plain

これも重要な作業ですので、実施しておきましょう。

なぜかファーム更新2回ありました。

 

<ファームウエアとは?>

ファームウェアとは、家電製品や、パソコン、周辺機器、携帯電話などのように、コンピュータシステムを組み込んだ電子機器本体(組み込みシステム)に所望の動作をさせるためのソフトウェアであり、ハードウェアに密接に結びついていて、むやみに書き換えることのない媒体に書き込まれた物を言う。一般的なソフトウェアよりハードウェア寄りのソフトウェアということで、ファーム(堅い、固定した)という呼び方をしている。

【スポンサーリンク】
   

さて、EW-M770Tの使い勝手は?

とりあえず無線接続で印刷テストを行ってみました。

購入直後ですので細かい評価は後日アップします。

今回は一般的な評価を取り急ぎ記載しますね。

 

●用紙のセット

最下段の用紙トレイに入れるタイプですので「普通」です。

f:id:fuutotto:20171116104034j:plain

 

用紙トレイは2段で用紙サイズに応じて使い分け出来ます。

f:id:fuutotto:20171116104411j:plain

 

★ここでEW-M770Tを購入する上でマイナスになる重要なポイント!【その1】

後部に手差し給紙があります。

▲ただし1枚しか紙をセット出来ません!

年賀状は背面給紙がイイと思っている方は注意して下さい。

f:id:fuutotto:20171116104738j:plain

f:id:fuutotto:20171116111512j:plain

 

★ここでEW-M770Tを購入する上でマイナスになる重要なポイント!【その2】

▲排紙トレーは手動で引き出さないといけない。電動じゃない!

(PCの近くにプリンターが設置されてないお宅の場合、これはメンドクサイ!)

f:id:fuutotto:20171116102951j:plain

f:id:fuutotto:20171116103019j:plain

私は事前に承知した上で購入しましたが、実際使ってみると不便です。

MP600は自動でパタンと全面パネルが開いたので余計に不便に感じますね。

出しっぱなしで使えばいいのですが、不細工です。

 

では印刷テストです。

●A4印刷

・・・まあまあ早いですね。

最近のプリンターって1枚目の印刷スタートまでメッチャ時間かかりますよね。

このEW-M770Tは最初の1枚目が普通に早いです。

 印刷の綺麗さは、「ごく普通」です。

カラーインクが4色ですから6色インクの機種と比較すると写真などでは、きっと見劣りするのでしょう・・。

 書類主体の使い方の場合は、まったく問題ないでしょう。←我が家はコレですね。

 

 ●CDレーベル印刷

 ▲やりにくい! MP600と比べてですけど・・

CDトレイは下面に収納されていますので、取り出します。

まず排紙トレイを奥に片づけます(押し込みます)

CDをセットしてCDトレイを差し込み部に半分くらい差し込みます。

これが操作パネルの陰で見えにくくって入れにくい!

f:id:fuutotto:20171116110220j:plain

CDトレイ挿入のタイミングも重要です。慌てると吐き出されてしまいます。

f:id:fuutotto:20171116105902j:plain

CDレーベルの印刷の綺麗さは4色インクなので「ごく普通」です。

f:id:fuutotto:20171116110821j:plain

 

★ディスクレーベルコピー機能が付いてます。

スキャナー部に置いた写真などをディスクレーベルに印刷する機能です。

うまく使えば便利な機能かもしれませんね。

f:id:fuutotto:20171116113636j:plain

 

 

●メモリーカードのセット 

特に問題ありません。SDXCカードも使えます。

f:id:fuutotto:20171116112040j:plain

★ちょっと驚きの機能

SDカードのデータをフロントUSB端子に接続した機器にコピーできるらしい。

USBメモリーやHDD、CD-RやDVD-R、なんとブルーレイにも焼けるらしい。

 

EPSONサイトの説明を抜粋します。↓ ↓


「USB接続の外部記憶装置(CD-R,DVD-Rドライブ、USBフラッシュメモリーなど)を接続して、メモリーカードの内容をコピーして保存したり、保存した外部記憶機器から直接印刷することができます。」

参照ページはコチラへ。

 

●スマホから印刷

定番のアプリ「EPSON iprint」を使って行います。

これも普通に使えますね。

f:id:fuutotto:20171116120929j:plain

 

 この他に、色々な印刷機能がありますがソフトウエアに依存する部分が多いので省略させていただきます。普通に普段使う機能は一通り搭載されてますので問題ないかなと思ってます。

【スポンサーリンク】
   

メンテナンス機能について

クリーニング機能をチェックしてみました。

①ヘッドクリーニング

②強力クリーニング(インクチューブ内を全量入れ替えするらしい。)

③プリントヘッドの位置調整(ぼやけ・横すじの改善)

④印刷こすれ軽減

⑤給紙経路のクリーニング

 

まあまあ色々付いてますね。

長く使う上では、これらの機能のお世話になることでしょう。

 

まとめ

簡単に使ってみた感想です。(あくまでも私感です。)

EW-M770T

△ 印刷部はエプソンプリンターの中~低グレードと同等でチープな感じです。

△ 操作パネルも小さくて扱いにくい。

〇 付属機能はフル装備に近いかな。(多機能です。)

〇 エコタンクは取扱いが簡単で素晴らしい!

〇 メンテナンス機能は必要十分。廃インクタンク交換が可能はうれしい。

X 排紙トレイが手動なのはネットワーク接続全盛の今、全てをダメにする。

△ 背面給紙が1枚づつってのは微妙ですが無いよりマシ。

Ⅹ 全体の作りは1世代前のPXシリーズみたいで安っぽい。(EP-879や880の様なドッシリ感がない。)

 

作りは安っぽいが機能は満載、

エコタンクが魅力のEW-M770T。

 書類メインで印刷枚数の多い方は買いです。

インク代で本体価格はすぐに回収できるでしょう。

在庫薄なので、早めの購入をお勧めします。

 

プリンターは使ってナンボです。故障せずにこの先何年も動いてくれればOKです。

(重大なトラブルがあれば又ブログに記載しようかなと思ってます。)

 

⇒【AmazonでEW-M770Tを探す。】

⇒【楽天でEW−M770T を買う。】

 おまけ

購入したら忘れずに行うべき事。

●EW-M770T:ユーザー登録する(保証期間が1年から2年に延長されます。)

●EW-M770T:期間限定キャッシュバックに申し込む。(15000円戻る。)

※後日、ちゃんと15000円の払い戻し券が送られてきて郵便局でGETしました。

 

f:id:fuutotto:20170925114742p:plain

 

【スポンサーリンク】
 
        ■■■ 管理人が選んだのは「auひかり」です。 ■■■