風父(ふうとっと)ライフ  生活雑記録

毎日 晴れなら いいのにな。

蓄膿症に「なた豆茶」 本当に効果ありました。

スポンサーリンク

なんと! 家から一歩も出ずに現金化できる。

<健康/蓄膿症/自宅治療>

本当に「なた豆茶」は蓄膿症に効くのか?

実際に飲んで試してみました。

 ーーー[目次]ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

突然の歯痛に襲われる。

突然の歯痛に悩まされ、40年来かかえてる蓄膿症が原因かと思いワラにもすがる気持ちで、「なた豆茶」を2週間飲んでみました。

 

 なぜ歯痛なのに「蓄膿症」?

f:id:fuutotto:20170802103937p:plain

歯痛なのに蓄膿症を疑ったのは別記事(知覚過敏の治療)の記事中にも書きました歯痛がひどくて歯医者に行ったら「虫歯じゃない」と診断され他の病気が原因かと思い色々調べたら「蓄膿症がひどくなると歯痛になる場合がある」とありましたので蓄膿症を疑った訳です。

 

【知覚過敏の記事はこれ↓です。】

fuutotto.hatenadiary.jp

 

【蓄膿症と歯痛の関係で解りやすかったのがこの記事です。】

hanoblog.com

 

【スポンサーリンク】

ここで改めて「蓄膿症」とは。

参照:小林製薬 チクナインのページより 

f:id:fuutotto:20170718235929p:plain

f:id:fuutotto:20170719000149p:plain

 

試しに、なた豆茶を飲んでみた。

(水筒に入れて、朝、仕事中、夜とこまめに飲んでみました。)

心の中では、お茶ごときでどれほど効果があるのだろう?

効果が感じられるまで、どのくらいかかるのだろうと、あまり期待はしてませんでした。

 

●1日目

のどの奥にタン?(例えると皮をむいた小粒のぶどうの実)みたいのが、いきなり7粒くらい降りてきました。

これってまさか膿!? うそっ?

●2~7日目

さすがに、初日のようなカタマリは降りてきませんが、やわらかい鼻水みたいのが時々喉の奥に流れてきます。

 

●7日~10日目

喉に降りてくる物は減りましたが、確実に鼻通りは良くなってきました。

今まで下を向いて力作業をしてると、時々水のような鼻水が(鼻血のようにポタポタと)落ちてきたのですが、それが出なくなりました。

歯痛は治まらないが、頭痛は明らかに減りました。

 

●10日~14日目

鼻通りが良くなったのは確信できました。

ただ、歯痛は治まらずこの段階で、耳鼻科の検診を受けました。

耳鼻科では、やはり蓄膿症と診断されましたが今回の歯痛とは関係ないと言われました。 

再度、別の歯医者に診てもらった結果、知覚過敏が原因って事でした。

私の場合、重度の蓄膿症と診断され抗生剤治療(又は手術)が必要と言われました。

先生に「なた豆茶で楽になりました。」と伝えたところ、先生は「なた豆茶」では治療は無理ですよと言われました。

しかし、「軽度の蓄膿症ならば「なた豆茶」を継続して飲むのは何もしないよりはいいでしょう。」との事でした。

 

f:id:fuutotto:20170802110106p:plain

私が試した結果、蓄膿症に「なた豆茶」は明らかに効果が感じられる。でした。

 

手軽に始められる、お茶を飲むという行為で不快な蓄膿症の症状が和らぎます。

 

私は、もっと早い段階で「なた豆茶」を試しておけば良かったと後悔しています。

 

(私の場合、今は毎日抗生剤を飲んでますが、なんか体に悪そうで嫌なんですよね・・それも「なた豆茶」を飲んでた時と さほど鼻に変化がないので尚更です。)

 

蓄膿症で悩んでいるなら、一度は「なた豆茶」を試してみるといいですよ。

 

※選ぶなら国産品を選ぶべきだと思いますよ。

今回私が試したのは↓この商品でした。評価がかなり良い商品でしたよ。

【スポンサーリンク】

 

f:id:fuutotto:20170802094842p:plain

「チクナイン」は効かないのか?

過去にチクナインも試した事もあります。

確かに「チクナイン」も効果ありました。

ただ、毎日「薬を服用する」という感覚とコストの問題で継続できずに途中でやめちゃいました。実際漢方薬ですので体に悪くはないはずです。

費用に問題無い方は「チクナイン」もお勧めですよ。 

※「チクナイン」実は「粉末」より「錠剤」の方が一日当たりの単価が安くすみます。

【スポンサーリンク】

 

蓄膿症でお悩みの方、何もしなければ改善しませんよ。

何かを試せば変化はありますよ。

私の様に長期に放置して重症にならないように気を付けて下さいね。

 

ーー閲覧ありがとうございました。--

【広告】
【本気に勉強したい人へ】